LIXIL不動産ショップ 大成不動産
平日9:00 - 18:00
土曜・日曜9:00 - 17:00
年中無休
2018年01月12日
記事

寒い日の水道のトラブル!

こんな時には注意が必要です!

・外気温が-4℃以下になった時。

・旅行等で家を留守にするなど、長時間水道を使用しない時。

 

凍結しやすい水道管とは?

・屋外で風が直接吹き抜ける水道管

・北側の日陰にある水道管

・屋外で露出している水道管

水道管の冬支度

・蛇口、給湯器などの露出した水道管には発泡スチロール製などの保温材を取り付けます。身近なものとして布類などでも代用できます。蛇口などを布で覆い、ひもでしばり、上からビニールなどを巻いて濡れないようにしてください。

 ・水道メーターボックスの中にはビニール袋に入れた布類などを敷き詰めてください。

・長期間不在にする場合は、水道の元栓(止水栓)を閉めましょう。

もし、水道管が凍結したら??

・凍結したじゃ口には、タオルなどをあてて、お湯(ぬるま湯)をかけてください。

・水道メーターにはお湯をかけないでください。破損する可能性があります。

・露出した水道管では、保温材などをはずしてお湯(ぬるま湯)をかけます。

・すでに水道管が破損している場合には、あわてずに元栓(止水栓)を閉ます。その後、給水装置指定事業者か、管工事組合(52-2556)に修理を依頼しましょう。

 

この記事を書いた人
松浦 貴徳 まつうら たかのり
松浦 貴徳
賃貸でも売買でも相続でもリフォームでも何でもご相談ください!!! 様々な「住む」をお手伝い致します!!
arrow_upward