LIXIL不動産ショップ 大成不動産
平日9:00 - 18:00
土曜・日曜9:00 - 17:00
年中無休
2018年02月27日
記事

空室対策その前に・・・。

前回の記事にも載せましたが。21.67%の空室を埋めるのは。

なかなか大変な事です。

しかしながら満室経営オーナーはいらっしゃいます。

様々な工夫を駆使して。

簡単なチェック項目を作成しました。

まず思い当たる部分はすぐに改善をしたほうがよさそうです。

① アパート周辺、共用部分にゴミはないか??

② 部屋の中は前入居者の匂い、生活感、残物は残っていないか?

  清掃は業者で入っているか?

③ 排水の匂いはあがってきていないか?

④ クロスは破れていないか?焼けていないか?タバコのヤニは?

⑤ 共用部分の電気は切れていないか?

 

当たり前の事ですが。

当たり前に出来ていない事が長期空室の要因も考えられます。

大事なのは自分がまず住めるか??入居者の目線に

立っているか??からがスタートと考えます。

家賃の見直し、初期費用を下げる前にまずやる事!!

それは。1週間、もしくは2週間の中で任せている不動産業者に

自分の物件に問い合わせが何件あって。何件、内見しているか聞いてみる

事です。それすらも分からない業者はちょと問題かも知れません。

週末に3件から5件、案内が入っても成約に至らない場合は何か問題があると考えて

いいと思います。案内数の報告が無い場合はまず。

正確にどれくらい案内が入ってるかご自身で確認する事です。

借り手市場の今。

様々な工夫を行い空室を改善しておられるオーナーもいらっしゃいます。

当社は御相談のあった物件1つ1つに合った空室改善を行います。

安に「リフォーム」「家賃を下げる」だけでは何の解決になりません。

空室に悩むオーナー様。

是非、一度御相談をして下さい。一緒に空室を埋める戦略を練りましょう!!

 

この記事を書いた人
松浦 貴徳 まつうら たかのり
松浦 貴徳
賃貸でも売買でも相続でもリフォームでも何でもご相談ください!!! 様々な「住む」をお手伝い致します!!
arrow_upward