LIXIL不動産ショップ 大成不動産
平日9:00 - 18:00
土曜・日曜9:00 - 17:00
年中無休
2018年06月26日
記事

民泊で空室対策!?

最近、よく聞くようになりました。民泊、つい最近、この民泊に関して

新たなルールが制定されたのが民泊新法。

簡単な話。ヤミ民泊を防ぐ為のものでありますので。

そもそも、ヤミでやっていた業者が手を上げて届け出る訳が無いわけですね。

未届けの事業者には罰則もあるとの事ですが・・・。

問題が起こらないわけがないのが。この民泊。

安くで泊まれる利用者と部屋を活用して欲しい事業者ですが・・。

様々な問題が起きているのも事実ですね。

最近では賃貸のアパートや借家の空室期間が長い場合。

相談を受けるのがこの民泊ってどう?との事なんですが・・。

都心部の空室活用なら需要がありますが。

この日向の市場では難しいのかもしれないですね。

観光客、出張客などターゲット層が少なすぎます。

あるとすれば。サーフィン押しの日向ですからサーファーさんが。

県内外、海外からの方も大勢来るようになれば泊まるとこは必要ですね。

時代は確実に変わって来ているのは間違いないですが。

少し、様々な角度から民泊を考えて実行したほうが良さそうです。

 

 

一緒に民泊も考えませんか??

何でも御相談下さいませ!!

この記事を書いた人
松浦 貴徳 まつうら たかのり
松浦 貴徳
賃貸でも売買でも相続でもリフォームでも何でもご相談ください!!! 様々な「住む」をお手伝い致します!!
arrow_upward