LIXIL不動産ショップ 大成不動産
平日9:00 - 18:00
土曜・日曜9:00 - 17:00
市営受付 平日8:30 - 18:30
年中無休
2020年03月18日
ブログ

土地の売買をご契約する際には

境界はどこになる?ブロックのどっち側?

このブロックは私たちの?と気になるものです!

 

不動産を売却する前に、土地の所有者様が

土地家屋調査士へ依頼し境界を確定し

測量をしてくださっている場合は、

境界の目印としてプレートを付けていたり目印となるものがあります。

 

しかし、売却を考え販売し

ご契約まで測量をおこなっていないことのほうが

多いかと思います。

 

そこで、よく使われる言葉が

「土地(不動産)の引き渡しまでに境界を確定し測量をおこなって買主様へ渡す」

というものが使われます。

 

先日は、隣地の測量の記録もあり

当時(29年前)のことをヒヤリングしながら

境界を決めさせていただきました。

 

隣地の所有者様がお忙しいなか

集まっていただき(時間通りに)

そして、境界位置にもご納得していただきながら

境界が確定できたことを心より感謝申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人
佐藤 勇希 サトウ    ユウキ
佐藤 勇希
お客様にとって最善の住まい探しを御手伝いさせて頂きます!! また賃貸物件から売買物件へ売買物件から賃貸物件への変更をお考えのお客様ご相談お待ちしております!!
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward