LIXIL不動産ショップ 大成不動産
平日9:00 - 18:00
土曜・日曜9:00 - 17:00
年中無休
2018年10月22日
ブログ

駅伝のたすきは心つなぐたすき。

 

全日本実業団女子駅伝予選会第2区飯田玲選手(19才)は

アクシデントで残り200メートルを四つんばい状態でたすきをつないだ。

3区の勝浦選手は泣きながらそのたすきを受け取りゴールまでつないで

行きました。いろんな意見があるでしょう。なぜ止めなかったのか、

大会の運営の批判もあります。

駅伝競走はたすきをつないで行っての勝負ですから、チーム競技

厳しい練習の中から選ばれ、たすきをつないで行かなければ

と言う使命感、そしれチームみんなの心のたすきをつないでいく

のでしょう。骨折しているそうで復帰には4ヶ月かかるとの事、

飯田選手、お疲れ様でした。そして治療に専念して、そして

又、復帰を願っています。

感動、ありがとうございました。   合掌

 

この記事を書いた人
松浦 成治 まつうら せいじ
松浦 成治
arrow_upward