LIXIL不動産ショップ 大成不動産
平日9:00 - 18:00
土曜・日曜9:00 - 17:00
市営受付 平日8:30 - 18:30
年中無休
2018年08月19日
ブログ

部屋の向き「東西南北」メリット・デメリット

 

 

賃貸物件のポータルサイトのコメント欄に「日当たり良好、南向きです。」と

書いてあるのを見かけたことありませんか

南向きは誰でもが探す重要なポイントです。南向きにこだわっても建物が密集していたり、

建物の高さの関係もあります。

南向き・日中も日が差し明るい部屋環境です。夏は暑い。エアコン代が高い

東向き・日が昇る東向きは縁起が良いとされています。午前中日が差す。

    冬は寒い。

西向き・実は一番日照時間が長いのは西向きです。冬が暖かい。

    西日で部屋の物が日焼けしやすい。

北向き・日が入らないので窓を大きく取り、明るい部屋にする事が多い。

    夏は光が差し込まないので涼しい。冬は寒い。

賃貸物件の向きだけでこれだけメリット、デメリットがあります。

やはり、物件を向きだけで選ぶのではなく、一つの条件にしてこだわり無く、

全体で物件を内覧して頂きたいと思います。

ありがとうございました。   合掌 

 

 

この記事を書いた人
松浦 成治 まつうら せいじ
松浦 成治
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward